赤ちゃん アイス 何歳から

暑い時期になってきたから赤ちゃんにも何か冷たいものをとかき氷を食べさせてみようかと考えているかと思いますが、「かき氷のシロップって赤ちゃんに食べさせて大丈夫なのかな?」と思われてないでしょうか?

果たして、かき氷のシロップは赤ちゃんに食べさせたらダメなのでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

かき氷のシロップは赤ちゃんに食べさせたらダメな4つの理由とは?

かき氷 シロップ 赤ちゃん

かき氷を赤ちゃんに食べさせるにあたってシロップが体に影響しないかどうか気になるかと思いますが、結論から言えば赤ちゃんにかき氷を食べさせるのは控えた方がいいです。

そして赤ちゃんにかき氷を食べさせるのを控えた方がいい理由については主にこの4つです。

 

肥満などの理由から

かき氷のシロップには当然ながら糖分が含まれていますので、赤ちゃんがかき氷を食べ過ぎると糖分を多く摂取することになり肥満の原因となってしまいます。

さらにかき氷のシロップには着色などの添加物が使用されてることがありますので、大人が摂取しても特に問題ない量でも赤ちゃんの体に影響を与える可能性もあります。

 

アレルギーなどの理由から

前述のとおりかき氷のシロップには糖分が含まれていますが、中には砂糖などの糖類でアレルギー反応が出てしまう子供もいます。

さらにはかき氷のシロップにははちみつが使用されてるものもあり、はちみつに含まれているボツリヌス菌による食中毒の可能性もあります。

 

スポンサードリンク

 

虫歯になる可能性

上記のとおりかき氷のシロップには糖分が含まれていますのでかき氷の食べ過ぎによって虫歯になるリスクもあります。

特に赤ちゃんの頃は歯みがきやうがいを行うこともできませんし虫歯の治療も行うことが出来ませんので、虫歯になるリスクが高くなりやすいです。

 

体を冷やしてしまう

かき氷はシロップ以外でも氷自体が冷たいので、氷の冷たさがまだ完成していない赤ちゃんの胃腸を刺激して腹痛や下痢の原因になってしまいます。

なので「かき氷のシロップをかけてないただの氷なら与えても大丈夫だろう」なんて思わない方がいいです。

 

ちなみにアイスを赤ちゃんに与える場合についてはこちらの記事でまとめています。

 

かき氷のシロップは赤ちゃんには何歳から?

かき氷 シロップ 赤ちゃん

かき氷のシロップは赤ちゃんには何歳から食べさせていいかにつきましては、人によって意見が違うので明確にこの時期からとは言えませんがおおよそ1歳~3歳くらいの年齢でかき氷を食べさせる人が多いです。

ただ赤ちゃんにかき氷を食べさせる場合でも気を付けた方がいいポイントはいくつかありますのでそれを見てみましょう。

 

赤ちゃんにかき氷は少しだけにしておく

かき氷 シロップ 赤ちゃん

赤ちゃんにかき氷を食べさえる場合は、スプーン1杯分くらいの少ない量を食べさせるようにしましょう。

 

赤ちゃんにかき氷を多く食べさせ過ぎると、含まれてる糖分によって肥満やアレルギー、虫歯といったリスクを与える可能性がありますし、冷たい氷で胃腸を刺激してしまう可能性があります。

なのでかき氷を初めて赤ちゃんに食べさせるのならまずはスプーン1杯分くらいの少ない量から食べさせるようにしておきましょう。

 

たまに食べさせるようにしておく

かき氷 シロップ 赤ちゃん

赤ちゃんにかき氷を食べさせる時は毎日ではなく例えば週に1度とか外出をしたときだけ食べさせるといった感じでたまの楽しみという形で食べさせるようにしましょう。

かき氷を食べる頻度を少なくすることで虫歯や肥満になったり、アレルギー症状を起こすリスクを減らすことが出来ます。

 

ちなみに赤ちゃんにソフトクリームを食べさせるかどうかについてはこちらの記事でまとめています。

 

かき氷のシロップは赤ちゃんにはまとめ

かき氷のシロップは赤ちゃんに食べさせてもいいかについては、糖分や添加物、さらには氷の冷たさによる体の影響を考えると食べさせるのは控えた方がいいです。

また食べさせる場合でも1歳~3歳くらいの年齢を目安にスプーン1杯くらいの量を週に1回くらい与えるという感じで食べさせ過ぎないようにしましょう。

 

スポンサードリンク